リガトーニと蟹のオーロラソース

リガトーニと蟹のオーロラソース

ショートパスタのリガトーニを使った料理を作ってみませんか?
ここでは、リガトーニと蟹のオーロラソースの作り方を紹介します。

今回使う材料について

メイン食材に毛ガニ・玉ねぎ、パスタはリガトーニを使います。

毛ガニ

北海道を代表するカニで、北西太平洋の沿岸域に分布しています。毛ガニの体の色は淡赤褐色で、短い剛毛がたくさん生えています。ズワイガニやタラバガニと比べると体は小さいですが、身は甘くカニ味噌の量が多いです。

1913年頃、日本では毛ガニは食べず肥料として使われていましたが、1934年頃から食用の缶詰めとして食べられるようになりました。

玉ねぎ

普段食べる玉ねぎの白い部分は、葉が重なり合い層になっている部分で「鱗茎(りんけい)」と呼ばれています。玉ねぎは世界中で使われる食材で、生で食べることはもちろんさまざまな調理法で活用でき、西洋料理のベースとして欠かせないことから「西洋のかつお節」と呼ばれているのです。
玉ねぎに含まれる辛味成分「硫化プロピル」や香り成分「硫化アリル」には、中性脂肪・悪玉コレステロール値を低下させる働きがあり血液をサラサラにしてくれる効果、毛細血管を拡張し血液の流れを促す効果が期待できます。

リガトーニ

形状は、丸い輪状でその中心に大きな穴が開いており、外側には筋状の模様が入っています。マカロニ・ペンネの仲間で、ミートソースなどトマトを使用したソートと一緒に和えることが多いようです。

オーロラソースとは

ベシャメルソースに裏ごししたトマト・バターを加えたソースで、フランス料理や蒸した肉料理などに使用されます。フランス語でオーロラは「明け方」を意味し、トマトのもたらすオレンジがかったピンク色(曙色)にちなんでオーロラソースと呼ばれます。

日本において、マヨネーズ・トマトケチャップを1:1で混ぜたソースも「オーロラソース」と呼ばれることがあります。

毛ガニのさばき方

準備するもの

まな板
キッチンバサミ
軍手
(1) 毛ガニの脚の根本に近い関節部分から切り離します。※ここで全ての脚を胴体から切り離しましょう
(2) 毛ガニの胴体を裏返し、三角形のふんどし部分を根本から切り離します。
(3) 毛ガニの底辺部分がくっついているので、これも切り取ります。底辺部分を切り取ると穴が空いているので、そこからハサミを入れて胴体を真っ二つにします。
(4) 毛ガニの甲羅を外し、カニ味噌をこぼさないよう甲羅に落として盛り付けます。
(5) 真っ二つにした胴体にはエラが付いているのでしっかり取り除きます。※エラは食べられません。
(6) 真っ二つにした胴体をそれぞれ縦に割ります。
(7) 毛ガニの脚も食べやすくするためにハサミを入れます。
脚の両側のハサミを入れて殻を開けます。

リガトーニと蟹のオーロラソースの作り方

材料

リガトーニ:200g
毛ガニの身:200g
玉ねぎ:1~2個
バジル:適量
トマト缶(裏ごしする):1缶
白ワイン:大さじ1
生クリーム:150cc

バター:28g
にんにく:1片
塩・こしょう:適量

(1) 大きなお鍋に2リットルのお湯を沸かし、沸騰したら塩を加えてリガトーニを茹でます。
(2) 玉ねぎは薄くスライスし、にんにくはみじん切りにします。
(3) フライパンにバターを溶かしてにんにくを加え、香り立つまで炒めます。
(4) 玉ねぎ・バジルを加えて炒め、裏ごししたトマト・白ワインを加えひと煮立ちしたら、毛ガニの身・生クリームを加えて炒めます。
(5) 塩・こしょうで味を整えたら、トマトソースに茹でたリガトーニを加えやさしく和えます。
(6) 最後に、器に盛れば出来上がりです。

おわりに

使用する食材の特徴や、毛ガニを使ったリガトーニと蟹のオーロラソースの作り方を紹介しました。
この機会に、ぜひ作ってみてください。